• DEMOWA(デモワ)

ブログ

syukujitsu14_syuubun_nohi

9月23日は秋分の日🍁

八女人形会館便り

9月23日(土)は『秋分の日』です。

秋分の日とは、春分の日と同様に、昼と夜の長さが等しくなる日です。
また、秋分の日を中心とした一週間を「秋彼岸」と言い、家族そろってお墓参りに行ったり、祖先を供養する「法会(ほうえ)」が行われます。

明治時代に秋分の中日を「秋季皇霊祭」定め、宮中において祖先をまつる日となった事がきっかけで、一般市民の間でも定着していったそうです。
1948年には、お寺参りの日・先祖供養の日など、宗教的慣例としてまつりの日だけでなく、広い意味で「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ日」として国民の祝日に制定されました。

さて、春と秋のお彼岸に、「おはぎ」をお供えしたり、食べたりすることありますよね?なぜ「おはぎ」なのでしょう??
まず「おはぎ」と言っていますが、正確には、

春のお彼岸・・・ぼたもち(こしあん)
秋のお彼岸・・・おはぎ(つぶあん)

だそうです( ゚Д゚)小豆の収穫が9~11月であることから、秋には新鮮で皮が柔らかい粒あんを食べ、春のお彼岸の時には小豆の皮も固くなるので、皮を取り、こしあんとして食べていたそうです。
おはぎは昔、砂糖も高級品であったことから、大事な日や大きな節目や大切な人へ振る舞う時の食べ物でした。また、小豆の赤い色には魔除けの効果があると信じられていて、邪気を払う食べ物としてご先祖様への供養に使われていたそうです。
大切なお彼岸に魔除け効果のある小豆に高級な砂糖を使い、ご先祖様にお供えして邪気払いや願いを祈っていたそうです。
お盆ではご先祖様をお迎えし、お見送りしました。秋のお彼岸では、お墓に参り、帰られたご先祖様を供養しましょう(*´ω`)

  • カテゴリー:ブログ
  • 投稿日:2017年9月20日

TOPへ