• DEMOWA(デモワ)

ブログ

八女人形会館 真心を伝える伝統の美。

🌳銘木の種類🌳

福岡の羽子板・破魔弓 八女人形会館便り

羽子板・破魔弓のケースにも使われている『銘木』。

銘木(※唐木)とは、熱帯及び亜熱帯地方の一部に産する世界で最も良質の木で、高級家具及び装飾用に適する銘木のことをいいます。
代表的なものには、紫檀・黒檀・鉄刀木がありますが、その材質の良さは硬くて強靭、半永久的な耐久力、肌目の緻密さ、油脂感触の出る光沢などにより古くから珍重されています。
また、近年材料として品薄状態となり、その希少価値も一層高まってきています。

銘木の種類の一部をご紹介(/・ω・)/

黒檀・・・色は灰色と黒色との縞模様で、材質は硬い。耐久性・保存性が高く磨けば優雅な気品のある独特の光沢がでる。
鉄刀木(たがやさん)・・・濃褐色の独特の木目は非常に個性的で、縞模様が細かく入り美しい。材質は堅牢で重厚。木材の重くて硬い様が、まるで「鉄の刀のよう」ということから「鉄刀木」の字があてられている。
花梨・・・材の色は鮮赤色や紫色を帯びた赤色。重硬で肌目はやや粗いものの耐久性・保存性は高く、磨けば良く光沢が出て美しい。
※唐木とは、昔「唐からきた木材」あるいは、「唐の工芸品に用いられていた」という意味で、当時我が国に入荷した高級家具・工芸品は中国からに限られており、その頃中国は唐によって統治されていたため「唐の木」唐木と呼ばれていました。

  • カテゴリー:ブログ
  • 投稿日:2017年11月8日

TOPへ