ブログ

food_syokuyou_kiku

重陽の節句。

九州福岡 八女人形会館便り

みなさん、「重陽の節句(ちょうようのせっく)」という行事をご存知ですか?

古くから【五節句】の一つとして三月のひな祭り(桃の節句)や五月の端午の節句(菖蒲の節句)と同様に日本の四季を彩り五穀豊穣・無病息災などを願う行事として長い歴史があります。

重陽の節句は旧暦の九月九日(現在の10月中旬)に行われてきました。この時期は菊の開花と重なり、別名【菊の節句】とも言われます。

菊の花にはすぐれた薬効があるとされ、薬草として用いられたことから、不老長寿や繁栄なども願われるようになり、現在の【敬老の日】の由来ともされています。

重陽の節句では菊を鑑賞するだけでなく、菊を用いた菊合わせ菊の被棉(きせわた)、菊酒、菊湯、菊枕などが行われ、様々な風習として楽しまれたと言われています。

また、【後の雛】と称し 大人の雛人形(お子様のご両親や祖父母の節句人形など)を、この時期に飾る風習もあります。

人形会館では、ただいま「重陽の節句」コーナーを展示しています。

IMG_5772

IMG_5774

IMG_5770

八女人形会館へお越しの際は、是非ご覧ください。

 

  • カテゴリー:ブログ
  • 投稿日:2019年9月9日

TOPへ