• DEMOWA(デモワ)

ブログ

IMG_0736

羽子板はいつからいつまで飾るの?

八女人形会館便り

羽子板は女の子の初正月を祝うためのお品です。飾り始めは12月上旬以降の飾り付けをおすすめいたします。

お正月には、羽子板を贈っていただいた方々を招き家族でおもてなしをするのもいい方法です。

羽子板は、一年を通じてお子様をお守りする物とされていますので、一年中飾ってお楽しみいただけます。

しかし、地域によって年明けにしまう風習の地域もあります。

そう言った地域では、お正月飾りを焼く左義長(さぎちょう)どんど焼きの行事が行われている時期などが良いかもしれませんね。

地域の風習やしきたりを大切にしながら羽子板を飾り楽しむのも、とても良いことだと思います。

 

◆どんど焼き…その年飾ったしめ縄や門松、書き初めなどを燃やし、

その火で餅を焼いて食べ、一年間の無病息災を祈願します。

書き初めを焼いた時に煙や炎が空高く舞い上がると、

字が上達するといわれています。

  • カテゴリー:ブログ
  • 投稿日:2015年12月18日

TOPへ