ブログ

syougatsu_hagoita[1]

羽子板の由来

九州福岡 八女人形会館便り

 

羽子板の羽根突きの玉には、「ムクロジ」という木の実が使われます。

ムクロジは「無患子」と書き、「子供が患わない」ようにとの意味が

含まれています。

また、蚊が病気を仲介することを認識していた昔の人々は、羽根つきの羽

の飛ぶ様を蚊が恐れるトンボに見立て、子供が蚊に刺されないという厄よけの

まじないとして、お正月に羽根突きを行っていました。

羽子板には遠い昔から、子供の無事を願う温かい親心が込められています

 

八女人形会館では、本格的に羽子板・破魔弓の販売を開始しています!!

特に今の時期は商品の展示数も大変充実していますので、

羽子板・破魔弓をお買い求めの方は、ぜひお越しください♪

 

  • カテゴリー:ブログ
  • 投稿日:2019年11月12日

TOPへ