• DEMOWA(デモワ)

ブログ

八女人形会館 真心を伝える伝統の美。

童男山ふすべ

八女人形会館便り

童男山(どうなんざん)ふすべは毎年1月20日に八女市山内にある

童男山古墳石室前で行われる伝統行事です。

紀元前3世紀末に秦の始皇帝の命令により徐福が不老長寿の薬を探して渡航した途中、暴風雨にあい難破しました。

そしてこの地に流れ着いた徐福を村人たちが枯れ木や落ち葉をふすべて介抱しましたが、介抱の甲斐なく息をひきとったと伝えられています。

徐福の命日と言われているこの日に、温めた焚き火を江戸時代から毎年行い魂を慰めるため童男山ふすべを行うようになりました。

当日は地元の小学生が古墳周辺を清掃し、紙芝居を披露したりします。

  • カテゴリー:ブログ
  • 投稿日:2017年1月20日

TOPへ