• DEMOWA(デモワ)

ブログ

touji_ofuro_yuzuyu

本日は『冬至』の日

八女人形会館便り

本日12月21日(水)は『冬至』の日です。

冬至とは、北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日で、日照時間が最も短くなります。

冬至といえば、”かぼちゃ”と”ゆず湯”といわれますが、どのような意味があるのでしょうか(?_?)

かぼちゃ・・・かぼちゃを漢字で書くと「南瓜」。つまり運盛りのひとつであり、陰(北)から陽(南)へ向かうことを意味しているそうです。また、かぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪の予防にも効果的とのこと。

ゆず湯・・・柚子=「融通」がきく、冬至=「湯治」。このような語呂合わせから柚子湯に入ると思われているようですが、もともとは運を呼び込む前に厄払いをする禊だと考えられているそうです。冬が旬の柚子の香りは強く、強い香りのもとには邪気が起こらないという考えや、柚子は実までに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められ、柚子湯に入るようになったといわれています。

栄養満点のかぼちゃを食べ、温かい柚子湯に入り、これから寒くなる冬に備えたいものですね(^^)

  • カテゴリー:ブログ
  • 投稿日:2016年12月21日

TOPへ