ブログ

八女人形会館 真心を伝える伝統の美。

後の雛祭り。

九州福岡 八女人形会館便り

みなさん、「後の雛祭り」ってご存知ですか?

江戸時代頃からある風習で、別名「大人の雛祭り」とも言われ、旧暦の9月9日(現在の10月中旬)に雛人形を飾り、長寿の願いを込めるというものです。

元々は、母親や祖母がお持ちの節句人形などを1年間しまい通しにせず、虫干しをして痛みを防ぎ、長持ちさせようという知恵が込められていました。 それが長寿と健康を願う「重陽の節句」と重なり、「 大人の女性がご自身の幸せを願って後の雛人形を飾る」スタイルとなりました。

そして最近では より季節を楽しむため、旧暦を見据えた菊の咲き始める月遅れ10月9日頃だけでなく、新暦の9月9日頃から飾り、季節をより深く楽しむ節句として、定着しつつあるようです。

秋の始まるこの時期に、お持ちの雛人形を飾り「後の雛祭り」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

尚、八女人形会館では「重陽の節句」「後の雛祭り」を楽しむために特設コーナーを設置しています。

会館へお越しの際は、是非ご覧ください。

 

food_syokuyou_kiku

また雛人形をお持ちでないお母様、お祖母様、ご安心ください。八女人形会館は、飾り易くかたづけ易い立ち雛飾りも展示しています。

新たに「大人の雛人形」を購入される際は、是非八女人形会館へお問い合わせ下さい。

 

IMG_5827

IMG_5828

  • カテゴリー:ブログ
  • 投稿日:2019年9月18日

TOPへ