ブログ

博暁セミオーダー

セミオーダー会①博暁(4)

九州福岡 八女人形会館便り

前回に引き続き、博暁氏のセミオーダーで選べる衣裳の生地のご紹介です!
(クリックして画像を拡大できます)

②松竹梅 
きらびやかな金彩が印象的な『遠山に松竹梅』の柄の生地。
金彩は、色の載せかたが難しいとされている価値ある技法です。
お祝いにふさわしい松竹梅の刺繍をほどこしています。

●加工金彩殿●加工金彩姫

③博多帯
国の伝統工芸品に指定されている博多織の帯地。
5列の縞模様からなり、そのうちの2種類の縞模様には
太い縞で細い縞をはさむように並ぶものは『親子縞』といい「親が子を守る」という意味、
細い縞が太い縞をはさむように並ぶものは『孝行縞』といい「子が親を慕う」という意味がこめられています。
お姫さまには赤、お殿さまには白もしくは黒の生地が選べます。

加工帯地赤 加工帯地白加工帯地黒

④扇面桜
ぼかしの技法を用いた生地のグラデーションが優雅です。
金彩加工の扇と桜の刺繍が華やかにあしらわれた『扇面桜』の柄。
扇は、中心から先に広がるその形から、発展や繁栄を意味する「末広がり」として、お祝い事の際の縁起物とされてきました。

加工扇桜殿2 加工扇桜姫

 

ひな人形は、古来より厄払いを目的として伝わり、女の子の成長を見守るお守りのような存在です。
想いをこめて選ぶ家族の愛情はきっとお子さまにも伝わるはずです。

セミオーダー会(ひな人形、五月人形)については、引き続きご紹介していきます☆

  • カテゴリー:ブログ
  • 投稿日:2019年11月26日

TOPへ