• DEMOWA(デモワ)

ブログ

IMG_4412

ぜひCHECKしてみてください♪♬

福岡の雛人形 八女人形会館便り

早いもので今月も半ばに入りました。

ついこの間お正月がきたかと思っていましたが…早いですね。

さて、ただいま八女人形会館では多くの雛人形を展示しておりますが、

雛人形の中でも、衣裳やお顔など違うのはもちろんですが、もう一つ違っていることがあるのです!!

それは、お殿様とお姫様の位置です!

雛人形の男雛と女雛の現在の標準的な飾り方は、ひな段に向かって左に男雛、右側に女雛を飾ります。
しかし、京都では飾り方が逆になっています。
八女人形会館にも、京雛と呼ばれる京都の作家が手がけた雛人形は、男雛と女雛は通常の雛人形と逆に並んでいます。

かつては、向かって左に女雛、右に男雛を飾るのが普通の形式でした。それは古来から左が尊いという考え方に従ったものです。

ところが現在のように左に男雛、右に女雛となったのは、昭和天皇即位の時、紫宸殿の坐位が向かって左に天皇、右に皇后となったので、これらにならったものとされています。

八女人形会館では、京都の作家さんの手がけた雛人形も多数展示しております。

ぜひご確認してみてください( ^ω^ )

  • カテゴリー:ブログ
  • 投稿日:2018年1月15日

TOPへ