• DEMOWA(デモワ)

ブログ

illustrain01-kodomonohi30

こどもの日

福岡八女人形会館便り

今日5月5日は「端午の節句」、皆様ご存知のこどもの日ですね。

端午の節句は古くから続く日本の伝統行事なんですが、始まりは奈良時代といわれています。

この時代、朝廷では5月5日に菖蒲を飾り、無病息災を祈る節会(せちえ)を行っていました。菖蒲には特別な力があると信じられていたのです。

ですが、時代の移りと共にその行事は一度廃れていってしまいます。

鎌倉時代になり、時代が武家社会に移ると、「菖蒲」が武道を重んじる「尚武」と同じ読みであること、また菖蒲の葉が剣の形を連想させることなどから武士の間で盛んに行うようになり、やがて端午の節句は男の子の成長を祝い健康を祈る行事となりました。

現在端午の節句に兜や鎧を飾るのは、武家社会の風習が基になっているからですね。

武士にとってそれらは自分の身を護る大切な道具だったことから、事故や病気から大切な子どもを守ってくれるように、という願いも込めて飾ります。

何気なく飾ってしまいがちですが、端午の節句には長い歴史と意味があるんです(*^_^*)

 

そういえば今日は山内の水天宮祭ですね。今年も綺麗な花火があがりますように。

 

  • カテゴリー:ブログ
  • 投稿日:2016年5月5日

TOPへ